浄土宗について記事一覧

宗祖法然上人宗 祖法然上人(1133〜1212年)開 宗1175年(承安5年)高 祖善導大師本 尊阿弥陀如来教 え阿弥陀仏の平等のお慈悲を信じ、南無阿弥陀仏と名号をとなえれば誰でも極楽浄土に往生することができるという教えの宗派です。お 経お釈迦さまがお説きになった『無量寿経』『観無量寿経』『阿弥陀経』の浄土三部経をよりどころとします。宗 歌月かげの いたらぬさとは なけれども ながむる人の 心にぞ...

お念仏ただ一心に阿弥陀仏の「み名」を称えれば、阿弥陀仏は自分の名を呼ぶすべてのものを極楽浄土へ往生させてくださいます。「南無」とは、「どうぞお願いします」「すべてお任せいたします」ということです。「阿弥陀」とは、「無量光」という意味であり、計り知れないほどの修行を終えて、小さな存在の私どもが想像できないほどの救いの光明で平等に照らしていただける永遠のいのちの仏さまです。つまり、「南無阿弥陀仏」のお...

家庭での信仰の中心になるのが仏壇です。毎日お仏壇に向かい、お念仏を称え、感謝の思いを伝えましょう。ご本尊浄土宗のご本尊は「阿弥陀仏」です。坐像・立像・掛け軸に描かれたものなどいずれでも結構です。お仏壇最上段中央にご本尊を、右に観音菩薩、左に勢至菩薩をおまつりし、両菩薩と共に右に善導大師、左に法然上人をおまつりするのが理想です。お仏壇の大きさによっては全部おまつりするのは難しい場合もあります。それで...

御忌会(ぎょきえ)法然上人は建暦2年(1212)1月25日、80歳で往生されました。「御忌」とは、この法然上人のご遺徳をしのぶ法要です。「御忌」は、元来は天皇や皇后の命日の法要の尊称で、この語を使用するのは一般には認められていませんでした。浄土宗がこの語を使えるようになったのは、大永4年(1524)、後柏原天皇が知恩院25世超誉存牛(ちょうよぞんぎゅう)上人に「浄土宗を開かれた法然上人の恩徳を忘れ...