千葉県香取市貝塚 浄土宗 東光山宝樹院 来迎寺へようこそ

過去帳

源氏、徳川家ゆかりの古刹です。

寛治2年(1088)、千葉常将の建立する所にして神代村平山区字夏海(現香取郡東庄町平山)にあった釈迦堂を、建久9年(1198)、当地に移転し明恵高弁上人を請うて開山したとされます。
明恵高弁上人【承安3年(1173)〜貞永元年(1232)】は、紀州(和歌山県)有田郡出身で、京都栂尾に高山寺を開創し、華厳研究で著名な学僧です。明恵上人は時の北條泰時・源頼朝を始め多数の武家衆に教化されたといいます。
伝承によると、源頼朝が鹿島神宮参拝の砌、来迎寺に憩の場を構えたと伝えています。このとき、頼朝より明恵上人に御狩衣が授けられ、上人はこれを袈裟に仕立てて愛用したと伝えます。 古来より来迎寺では毎年7月14日に源頼朝の施餓鬼法要が勤められたと伝えています。来迎寺境内には源頼朝・源頼家・源実朝の三代将軍の供養塔があることからも、来迎寺と源氏将軍の因縁の深さを想い起します。
また、天正年間には松平家の陣屋が来迎寺に置かれました。寺の周囲に残る土塁が、当山に陣屋が置かれた名残りを留めています。
境内には徳川家康公の御養女であった「おふうの方」の墓所があります。元和2年(1616)には徳川家二代将軍、徳川秀忠公から寺領を拝領し、秀忠公御葬儀では当山8世光蓮社明譽継公上人が御役僧を勤める等、徳川家との縁も偲ばせます。
源氏、徳川家ゆかりの遺跡が残る、現在でも竹林に囲まれた静寂の地にあり、当代からの雰囲気をたたえています。


当サイトは携帯からもご覧頂けます。
上のQRコードを読み取るか、こちらからURLをメールで送信すると便利です。