来迎寺ロゴ

ホーム  > 取材記事

来迎寺だより

2023年01月26日(木曜日)

取材記事

【来迎寺取材記事】来迎寺 お焚き上げ&除夜の鐘 2022-2023

2022-2023来迎寺の大晦日レポート記事

<澄んだ夜空に星が輝く2022年大晦日>

2022年12月31日。今年も例年通りお焚き上げと除夜の鐘撞きをとりおこないました。今季はコロナ感染予防対策による行動規制がない年末年始ということで来迎寺にも多くの方々がご参拝くださいました。

行事自体は昨年と変わらない内容ですが、やはり人が戻ってきた感じがあり、昨年とは違った雰囲気が印象的でした。そんな来迎寺の当日の様子を写真とともにご紹介します。どうぞご覧ください。

来迎寺の大晦日【日中】

09:00|お焚き上げ持ち込み受付開始

<お焚き上げするお札などは来迎寺境内の中央部に集められています>

<受付時間内でしたら自由にお持ち込みいただけます>

10:00|檀家役員さんによる飾り付け

<鐘楼堂の飾り付けが行われています>

<鐘楼堂を照らすライトもセッティングします>

<本堂入口や境内を掃除機かけてきれいにお清め>

来迎寺の大晦日【夜】

<自然に囲まれた来迎寺からは、月明かりもくっきりと見えました>

日が暮れて月が夜空高く輝く頃。いよいよ2022年も残りわずかとなってきました。除夜の鐘撞は今年一年の煩悩を払い、けがれのない清らかな心身で新年を迎えるための行事です。お焚き上げと除夜の鐘撞きがまもなく開始される時間帯は、本堂、境内ともに厳かな雰囲気に包まれます。

22:00|佛名会法要

<柔らかい灯りで幻想的な雰囲気の山門と奥に見える本堂>

<本堂には檀家役員さんがお集まりになり、住職がお念仏を称え、焼香をあげます>

22:30|お焚き上げ開始

<数本ずつお札を焚き上げていきます>

<お念仏を称える住職>

23:00|除夜の鐘撞

<鐘撞き棒「種木(しゅもく)」を前後に揺らし、そっと手を放す。動力で鳴らすのがコツです>

<参拝者の方々も訪れはじめました>

<本堂に手を合わせ…>

<鐘楼堂に上り、除夜の鐘をひとつ鳴らす>

<お焚き上げの火にあたり暖をとりながら談笑する和やかな時間>

<来迎寺毎月の書でおなじみの書道家そうせつさんもご参拝くださいました>

<年が明けた午前一時、お焚き上げは無事に終了いたしました>

2023年がみなさまにとって良いお年になりますように。

(取材日:2022年12月31日)

***

<編集後記>

昨年は“凛とした静寂さ“の中に灯る炎と鐘の音が、神秘的で印象的でしたが、今年は“人々 の交流もあり、温かく和やかな来迎寺で迎える大晦日“を体験できました。日常でありながら非日常的なお寺という存在。近年では多様化したライフスタイルが定着したことにより、大晦日やお正月の過ごし方をはじめ、季節の行事に対しても、ある意味、自由が許容される世の中になりましたが、だからこそ、変わらず在る神社仏閣、身近なお寺の有り難さを再認識することができました。来年の大晦日はみなさまもぜひ参拝と除夜の鐘撞きを体験をしにお越しください!

(取材・編集・執筆/Communication Smoothie)


広報担当(取材・執筆者

来迎寺の広報活動のお手伝いをしているコミュニケーションスムージーです。広報業務(情報発信)代行業、広告・宣伝物のデザイン業を行っています。


静寂のお寺で学ぶマインドフルネス瞑想教室」のご案内

2023年2月19日(日)9時から10時15分

2023年3月19日(日)9時から10時15分

■場所 来迎寺 本堂 

■参加費 1,000円 

■お申し込み方法 お電話またはメールにてご予約ください 

TEL. 0478-83-9319 

Mail. info@raikoji.com